postfix logo Postfixのぺーじ
− ホーム
更新: 2013年2月11日 [English Page]



Postfixは高速さ、管理の容易さ、そして安全性を目指して作られているMTA (メールサーバソフトウェア)です。


お知らせ

バージョン2.3の日本語訳は完了したものから順次公開を始めています。2.4以降はさらにしばらくお待ちください。

このページへは http://www.postfix-jp.info/ でもアクセスできます。


What's New

2013.2.11 遅くなりましたが、Postfix 2.9.6, 2.8.14, 2.7.13, 2.6.19 がリリースされています。
2012.12.15 Postfix 2.9.5, 2.8.13, 2.7.12, 2.6.18 がリリースされています。
2012.8.7 遅くなりましたが、Postfix 2.9.4, 2.8.12, 2.7.11, 2.6.17 がリリースされています。
2012.5.26 Postfix 2.9.2, 2.8.11, 2.7.10, 2.6.16 がリリースされています。

(過去のニュース)


注意事項

一般論として、安全なメールサーバであっても設定によっては容易にSPAMの 巣窟とすることができます。デフォルトではほぼ安全側に振ってありますが、 必ず一通り目を通して穴を作らないようにしましょう。 「Postfixだから安全」とか「qmailなら大丈夫」なんてことは 絶対にありません。

メジャーバージョンをまたいでアップデートする場合 (2.2.x→2.3.x etc.)、 Postfixをreloadではなくstop/startしないと、新しいメールを受け取らない などの問題が起こることがあります。

古いRedHat系のLinuxでLinuxconf(もしくはその類似ユーティリティ)を 使用していると、sendmailコマンドにset-uid/gidフラグを立ててしまうことが あるようです。Postfix (ついでに qmail) のsendmailコマンドでは set-uid/gidを立てないことが推奨されているので、注意する必要があります。 Vine 2.1のLinuxconfでは、set-uid/gidビットは立たないようです (thanks! > となりのらすかる さん)


謝辞

このページの作成に当たっては、多くの方の協力や情報提供を頂いております。 また、リンク集のページをはじめとする様々なweb pageを参考にさせて頂きました。 この場を借りてお礼申し上げます。


巡回ツールをお使いの方へのお願い

最近、「Postfixのぺーじ」以下全ページを頻繁に(1時間に数回) 巡回ツールにより取得される方がいるようです。このような利用はサーバおよび ネットワークに多大な負荷を与えますのでご遠慮下さい。 負荷が大きい場合には、アクセスを制限させていただくこともあります。

なお、アンテナの常識的な利用や負荷が大きくならない範囲での巡回ツール 利用に関してはご自由にどうぞ。



ike@kobitosan.net